わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

ソーシャルネットワーク

ちょっと前の映画。見たかったんだけど映画館で見るほど

でもないかな?と思っていたらDVDで見たものです。

京都に行く新幹線車内が多分、暇だろうからと思って

予定していました。



ソーシャルネットワーク

オフィシャルサイトが見つけられなかった。







フェイスブックはどうやって作られたか・・・。

こんな感じかと思いますが、実際私もフェイスブックに登録

しています。でも実名での登録はしていないし、どうやって

使うのか把握もしていないし特に把握しなくてもいいかな?

とかwww

mixiあるからそれで良いかとも思うし、でもmixiもほぼ

やってないし・・・専らtwitterとこのブログたまに・・・。



それでですねw

フェイスブックがどうやって作られたかっていうのがとても

興味あるんだけど、私はこの映画がノンフィクションだったと

勘違いしていたので余計興味がありました。

そう、単なる勘違いwww



まず一番最初にびっくりしたのが、物凄いマシンガントーク。

普通のスピードだったとしてもこの手の専門用語は私には

理解不能ですが、さらにこのスピードは・・・

字幕を作る人も大変だっただろうなと思います。

3時間を越えてしまうために早口にした・・・ってそれだけの理由で

あの難解な内容をあの速さで台詞に出来る俳優達もすごいw







色々調べたんですが、ほぼ全てで良い評価を受けていますね。

私ね、行き1時間、帰り1時間、残りは家でと途切れ途切れに見たので、

分かっているようで分かっていない感じwwwでもスピード感とか

裏切ってしまった!裏切られた!!みたいな感情とか、そういうのは

とても伝わってくるし、ネット社会においてフェイスブックの成長が

どれだけ高速だったか・・・まざまざと体験することが出来る

映画でした。







もう一回じっくり噛み砕きながら見たい映画です。

フェイスブックをやっている人も一度見てみては???