読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

自賠責

仕事柄自賠責保険の説明をしたりします。
まぁ、それが主ですけど・・・
世の中の保険は文字ばっかりで難しすぎる。しかも
もしもの場合これだけの補償が~~って言われても
その金額は経験した人でないと多いのか少ないのか
分からない。

保険って難しい。

私を含め保険に関わっていない人は、自賠責保険
どういう物か分かっていない人が多いと思います。
男性は女性より少し詳しい人が多いと思います。
何故かというと車に関して詳しいからですww
趣味=車、バイク って人、男性に多いと思います。
しかも初老の男性なら結構な年数車に乗ってきて・・・
たまに乗り換えたりなんかしちゃったりして・・・
色々詳しいはず!・・・と思うのは私だけですか?

先日偏屈オヤジからこんな問い合わせがありました。
「車を手放した。だから自賠責を解約したい。」
自賠責って車を手放したら解約できるのでしょうか。
自賠責保険という物がそもそもどういう物か分かって
いる人からはこういう発言は出てきません。

自賠責保険被害者救済を目的とした国の補償制度

ここが大事。
被害者救済だからどんな車でも入っていなくては走れない
のです。走ってもいいけど罰則対象です。
被害者救済だから簡単に解約なんて出来ないんです。

スクラップにしない限り、ナンバーを取り付けている限り
車や原付以上の二輪車は自賠責の加入が義務付けられて
います。
だからこそ、ひき逃げや無保険車(全く保険に入っていない
車)との事故における被害者がある程度救われるのです。

もし車に轢かれて怪我を負った、相手は逃げてしまった、
もしくは「何の保険にも加入していませんが、損失は
払う余裕がありません」とかってなった場合、一番困るのは
あなたです。家族も困るでしょう。
その為の大事な保険なのです。でも限度額ありますから
完璧にとは行きません。なぜなら国中の被害者に対しての
補償制度だからです。一人一人にそんな1億だのって
払っていたら、これだけ交通事故があるのに国は破綻します。

さて、このオヤジに聞きました。

自賠責保険は廃車・抹消登録されないと解約できませんが、
車は廃車もしくは抹消登録はお済みですか。」

動く原付以上の車両は、廃車、抹消する事で自賠責
解約する事ができます
つまりこのままじゃ公道を走ることが出来ない状態
しなくては自賠責保険は解約できません。上記読んでいただいた
方には分かってもらえると思います。

そしてオヤジは言いました。
「は?何言ってるの?車はガ〇バーに売ったの。その車を
ガ〇バーがどうしようと私は知らない。とにかく廃車なんか
していない。自賠責保険を解約したいと言っている。」

今思い出してもあまりのバカさ加減に言葉が出なくなる・・・

私「自賠責保険は廃車抹消されないと、車両から外して解約
   する事が出来ません」

オヤジ「何を言っているんだ。ガ〇バーっていうのは年間
            何百台と車を取り扱っている。その業者が言っていること
            とあなたの言っていることは食い違っている。とすると
            あなた、認識間違っているんじゃないの?(含笑)」

よくもこんな言葉が言えたものですね・・・。
一瞬ガ〇バーが誤案内したのかと疑いましたよ・・・

オヤジ「ガ〇バーから貰った書類には、
           『任意保険や自賠責保険についてはご契約されている
           損保会社により手続き方法が異なります。今後の
           手続き方法についてはご契約の損保会社にお問い合わせ
            ください』
            と、書いてあるんだよ。だから電話したんだよ???」

ね。どこにも自賠責保険はいつでもどこでもすぐにでも解約できる
とは書いていない。

私「ご連絡ありがとうございます。ただ、自賠責保険は被害者救済
     の観点から、廃車、抹消登録をされないと、車から外して
     解約できない決まりになっております。」

オヤジ「はぁ?じゃぁスクラップにしろって事なの?」

私「一時抹消でも解約可能です。ナンバープレートを返納する
     という手続きになります。」

オヤジ「じゃぁ陸運局でナンバーを返納したらそういう証明を
            もらえるからそれが必要ってことなのね?」

私「左様でございます。」

やっぱり、何にも分かってないじゃん。なのにどうしてあなたの
認識が間違っているとか言えるんだろう・・・本当にあきれてしまう。

オヤジ「じゃぁ抹消でも何でもしたとして、書類をもらったら電話して
           解約してもらうわ。」

私「申し訳ありません、解約手続きは最寄の営業店窓口にて
      手続きを行わせていただきますので、お近くの営業店をお探し
      してご案内させていただきます。」

オヤジ「なにっ?このクソ暑いのにあんたの所の営業所に行け
           っていうわけ?」

私「このお電話では、基本的に窓口でのお手続きが必要とご案内
     しておりますが、郵送手続きをご希望でしたら、ご案内致します
     営業店にて郵送のご相談をして頂けますでしょうか。」

オヤジ「言っている意味が分からない。」

え・・・@@; ばかなの?  まぁ・・・バカなんだけど。

私「私からは、解約手続きは窓口でお手続きいただくようにご案内
     しておりますが、もしも郵送手続きをご希望されるのであれば、
     今からご案内します営業店で郵送手続きが可能かどうかの
     ご相談をしていただけますか。」

オヤジ「あぁ、そういう事ね。私はね、〇〇に住んでんだけど、
             △△に近いのね。(都内某所)近くであんたの所の営業所
          ないでしょ、ど田舎なんかには。」

都内ってど田舎なの???

私「〇〇ですと、××区にございます〇〇支社でございます。」

オヤジ「やっぱりね、ど田舎だしそこしかないんだよね、じゃぁ△△
            の近くはあるの?まぁど田舎だけど。」

私「検索いたします。△△は何区でございますか?」

オヤジ「何言ってんの、△△は何区じゃないの、□□市だよ。何、
           知らないの?あんたど田舎の人?」

私「・・・(絶句)」

オヤジ「この辺の都内の人じゃないのね。□□市ですよ」

私「□□市ですと、◎◎支社がございます。」

オヤジ「ち、そんなとこ。じゃぁ都内の方がいいね、××でいいから
           教えて」

てめー、オヤジぶっ殺すぞ!!!!!
きっと周りの人に嫌われている人なのでしょうね、可哀想に。
自分が間違っていた事を指摘されると、その指摘した人を
理不尽に攻撃しないと気がすまない・・・そんな人種ですね。

まぁ・・・終始こんな感じで会話は進んで行き、終わったときには
大きなため息が出ました。

しばらく呆れて物が言えなかった・・・

オヤジってこういう人多いですよね。前にもいたの、同じ事
言った人。

「私の所からはそこは遠いじゃないか。◎◎(都内)で働いて
るんだろう?そのくらい常識だろう!!そのくらいなんで
分からないんだ!!!」
(実際私は◎◎からは遠く離れた所で勤務中です)

ニューヨーク、トロントは人種の坩堝と言われていますが、東京
も地方の人の坩堝だと思います。私は都内のに行くことが少ない
しあまり興味もないので、全く地理に詳しくありません。
しかも関西で育ちましたから、関東圏内の人よりも更に知らない。
でも東京ってそういう人多いとおもいますよ?常識とは誰に
とっての常識かをよくよく考えて言葉にして欲しいものです。

今の仕事はこういう人からの電話もニコニコ応対をしなくては
ならないので疲れます。ストレスMAXです。
でもたまに、ご丁寧に、ご親切に、助かりました、知れてよかった、
ありがとう、という言葉を聞くとちょっとだけ気分がほっこりします。



思い出しただけで腹立ってくるのでここに吐き出してみましたww
自賠責保険の大事さをもっと色んな人が分かってくれるように
頑張って仕事を続けますwww(半分やりたくない)
だけどまた吐き出すときもあるでしょう。実際はこの3倍毒を
吐きたいんだけどね・・・