わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

アメリカンスナイパー

戦争映画大好きの旦那さんの触手が動いた映画
「アメリカンスナイパー」をレイトショーで見てきました。

映画に行く前に旦那さんが、主人公がどういう人か、今回の主演の
ブラッドリー・クーパーがどう演じているか、現実の本人
の今は・・・などをすべて丁寧に解説してくれました@@;

ま、戦争映画は基本的に嫌いで見ないので、聞いておいても
いいかなと思いましたけどねwww

f:id:chebi:20150222183548j:plain

 ブラッドリー・クーパーはどうであっても男前に
違いない・・・。でもこの役作りはすごすぎる・・・
普通のアメリカンガイに見えてしまいますな・・・

f:id:chebi:20150222183558j:plain

クリント・イーストウッド監督の映画ですがもうお爺ちゃん
ですなぁ(´・_・`)長い間アメリカのショービズに関係している
なんて、凄いことです。

にしても・・・このブラッドリー・・・まぢですごい@@;

f:id:chebi:20150222183605j:plain
本来はこう↓

f:id:chebi:20150222183614j:plain
なんたる男前。

f:id:chebi:20150222183622j:plain
使用前、使用後みたいになっていますがwww
まるでロバート・デ・ニーロ様のような役作りです。
この筋肉とかってこれ以降落ちて元のブラッドリーみたく
戻るのだろうか・・・

奥様役はシエナ・ミラーです。
以前このブログに「ファッションが教えてくれること」という
ドキュメンタリー映画に出ていたという話をかいたと思う
んですが、癖のない美しい方ですね!

f:id:chebi:20150222183820j:plain


で、この方がご本人、クリス・カイルさん↓

f:id:chebi:20150222183827j:plain

ブラッドリーは本人に激似!と言われるほどの役作り
をしたみたいです。多分少なからず本人に対する敬意など
があったんだと思います。中途半端な事するのは申し訳
ない・・・というような。

調べれば色々出てくるのでここでは触れませんが、
この映画は単なる戦争映画ではなく、その戦争のツケが
どこまで回ってくるのか・・・という所を軸にしています。
反戦反戦なんだけど、殺し合いは解決にならないという
事以上に悪影響を及ぼしていることを、私達は知るべきだ
と言いたいんだと思います。

戦争映画を見てスカッとする事なんてないと思うけど、
この映画は本当に救いのないしんどい映画でした。
それだけ見応えもあるし考えさせられる映画で、可哀想
とかそういう上辺の感情などはないのです。涙腺の弱い
私も泣かなかったもん。

とてもいい映画だと思うので多くの人に見てほしいと思う
けど、決して軽い映画ではないので心してみてくださいねw

★は・・・3.5かなー。