読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

篠沢大滝キャンプ場・・・その後

キャンプに行った話をブログに書いたよ〜と友達家族に

伝えました。

しばらくして返事が帰ってきました。そしたら・・・

 

「まさかの、うちの子供が犯人でした・・・」

 

 

とのご報告www

ニジマスが泥棒にやられた!泥棒ゆるさねぇぞ!みたいな

事を最後の方に書いたんですけど、今頃になって友達一家

のお子さんの一人が

 

「可哀想だから逃がした」

 

と白状したらしいですw

「私って優しい??」ってママにしつこく聞いてくるんだってw

それはそれで良い行為だし可愛らしいので許しちゃうw

 

うちの息子が翌朝探して回っていたんだけど、それを

その子は知らなかったみたいで、

 

「にじますは生きていた!」

 

と言っているそうですwwもう!!!子供の発想ってwww

息子は「もう死んでて死後硬直で固まってたのにwww」

って笑っていましたw

あ、うちの息子は小学校3年生なので「死後硬直」なんて

言葉はしりません。死んでしまってバケツに沿った形に

魚が湾曲していたのを見たとき

「なんか硬くて曲がったままになってる。バケツの形」

と言っていたので大人たちが口々に「死後硬直だね」って

言っていたから知ったんだと思います。

 

前日の夜のご飯があまりにも大量すぎて、にじます2匹

食べる事も出来ず・・・1匹は放置になっていたんですね。

食べよう捌こうという気にもならず・・・

大人の良識として、どうやって処分するか各人でもやもや

していたんだと思います。だって少なからず

お金はかかっているから・・・

 

でもそれをいともあっさり、簡単に、それもなんだか

ほんわかする優しい気持ちになれる方法で処分してくれた

友達一家のお子様には頭が下がります。

本当にありがとう〜!

 

疑いの目しか持たなかった私が恥ずかしいわwww

 

それでもなんでも、貴重品の管理は絶対大事です!

貴重品は野放しにしないようにしましょうね。

(自己正当化)

 

なにはともあれ、熊でもサルでも犬でも泥棒でもなかった

ので、一安心〜♪