読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

Xbox カスタマーサポートとの戦い その3

これまでの「Xbox カスタマーサポートとの戦い」は

chebi.hateblo.jp

chebi.hateblo.jp

↑を御覧くださいww(ちょっとHuluドラマ風味)

 

 旦那さんが仕事中にも関わらず、メールを確認して本人

確認コードを教えてくれるということだったので、

もう一度Xboxカスタマーサポートに電話しました。

そしたらその2にも書きましたけど、実はそのコードは

5分間しか有効ではないのですと。

「えー@@;さっき教えてくれればいいのに」

と、思ったけど、なるべく温厚に温厚にと思っていたので、

それだと土曜日中の確認は難しい、他に方法はないのかと

問い合わせました。そしたら、旦那さんのアカウントに

一時的に私のメールアドレスを追加してもらってくださいと。

そうすれば奥様のアドレスに確認メールを送ることが出来ます

って仰ったんです。勝手に旦那さんのアカウントをいじることは

私には出来無いので、旦那さんが帰ってきたら追加して

もらうよう伝えますと言いました。

 

でも日曜日は営業していない。

 

次の連絡は翌週の月曜日になりました(;´∀`)

 

月曜日に再々再度電話

土曜日、仕事から帰った旦那さんにお願いして、私のアドレスを

追加してもらいました。

これは、旦那さんのXboxアカウントの連絡先、ログイン確認

の方法として通常であれば旦那さん所有のアドレス、もしくは

旦那さん個人の携帯電話番号などを追加する部分です。

何通りか登録しておけばそれなりにセキュリティが向上する

ものです。そこに私のアドレスを追加・・・なんだかなぁ。

 

その時、ついでに購入履歴なんかも確認。私の購入履歴には

10月にマインクラフトを0円で購入(試用版)した履歴と、

12月5日に1000円でマインクラフトを購入(試用版から製品版へ)

した履歴が残っていたのですが、旦那さんの購入履歴には

な〜〜んにもなかったのです。だからちょっと嫌な予感が

しました・・・。

 

日曜日は何も出来ないしでも1000円課金しているので、

もやもやしたまま息子とマイクラマルチで遊びました。

 

とっても残念なオペレータ

明けて月曜日、再再再連絡。

やっと旦那さんの本人確認メールが私のところに届いて、

コードを読み上げて確認をしてもらうことが出来ました。

この時のオペレーターの方がとても残念なお方。

 

「旦那様の本人確認が出来ましたが、旦那さんのアカウント

にも無料のクーポンは付与されていません」

 

そうだよなぁ、購入履歴見た時何もなかったし・・・と

思ったけど

「えぇぇおかしいなぁ、他のアドレスは・・・」

と、言いかけたところに被せるようにして

 

「あ!お客様、旦那様のアカウントにクーポンが付与されている

ことが確認できました。」

「は?」

 

ってなるでしょ?wどっちだよwwwそして

「あの、私がうちの旦那の購入履歴を確認した時は・・・」

またここで被せるように

「少しお客様のお話を整理させていただきますね。」

 

・・・整理してくれとか言ってないし、人の話を聞け。

毎度被せるように話をしやがって、よくそれでオペレーターが

務まるな・・・とさすがの私もイライラ。

 

「お話を整理する」という言葉はとても微妙な言葉で、使い様

によっては相手にとても失礼だと思うんです。まるであなたの

言っていることは支離滅裂だから最初から話を筋立てて確認

しても良いかって思われがち。今回もそう思ったもん。

でも全く変な話はしていない。変なのはあなた。

 

「お客様のアカウントにコードが付与されているものと思って

いたものが、実は旦那様のアカウントに付与されていて、誤って

お客様が課金をしてしまったということでよろしいですか。

それであれば、旦那様のアカウントにコードが付与されている

事が確認できましたので、今回特別に返金させていただきますが

そういったご希望でよろしいですか」

 

もう疲れきっていたので色々言いたいこともあったけど、

それで良いって言いました。ただ、旦那のアカウントに付与され

ている状態で、私のアカウントで現在保存されているゲームデータ

はそのまま使えるのが望ましいと言いましたが、それはやって

みないと分からないと言われました。

 

もうこの際なんでもいい、早く終わらせたい!

と、返金していただきました。返金処理はとてもスムーズで

10分くらいで返金手続きが完了していました。

 

はぁ・・・これで全て終わったーーー!すっきり眠れるーー!!

 

 

 

しかししかしまだまだ終わりではなかったのであった。

 

続く。