わりとなんでもどうでもいい

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

past:どこからはじめようかな・・・

まず最初に、私が既婚者だった事、子供が2人いる事、そして離婚

した事を書いておかないといけません。話が分かんなくなります

からねww。



8年前くらいに幸せいっぱいで結婚しました。

8年間の間に2人の子供に恵まれ、幸せいっぱいに過ごして・・・・・

いたらこんなブログは立ち上げませんww



当時派遣で鯖管理会社で働いていた私は、大学出たての男の

口車に乗せられ(ウソ)お付き合いして1年弱で結婚しました。



結婚する前彼には夢がありました。出版業界で働きたいという夢。

でも私と会ったから次の「カフェを持ちたい」という夢のために

自分の知識となる職に就こうと思い始めたようです。私と会った

から・・・は完全に言い訳ですね。(既に毒吐き・・・)



大学在学中に既に何の就職活動もせず、アルバイト生活を

続けていました。私は派遣社員でしたが、彼がきちんと仕事を

してくれるであろうという淡い期待を抱きつつ一旦結婚退職

しました。



なぜか新婚旅行へ行く前にアルバイトを辞めた元ダンナ。

まぁ辞めたから2週間もの長き旅行に出かけられたのです

けど・・・

帰ってきたらすぐに就職口探しなさいよ~と言ってたんだけど、

不景気真っ只中、そんなすぐに職が見つかるわけもなく・・・

ようやくアルバイトをし始めた頃にはお金はすっからかん・・・

だから私もアルバイトをし始めました。

姑の一言「あなたも働けばいいんじゃない???」

男って何もしませんね。アルバイトしたらそれだけ。家帰って

きたら何にもしない。寝てるだけ。一方の私は、アルバイトから

帰ってきたら家事が待ってます。朝起きてバイトに行く前も

仕事。一方元ダンナはギリギリまで寝てる・・・。



そんな中、赤ちゃんできました。結婚後、約9ヵ月後の事でした。

子作りに励んだ訳ではなく、作ろう!と言った瞬間に出来た

感じwww

私は、しばらく働いて、しんどくなってきたら退職しよう~と

思って5ヶ月くらいしてバイトを辞めました。35才で初産です

からね、何が災いするか分からない恐怖がずっとありました。



一方元ダンナは結婚後初めてまともな職についた頃でした。

弱小企業です。そこで営業のような仕事をしていました。

営業の辛さは分かっているしきっとこの人には無理だなぁと

思って見ていました。



そして子供が産まれる前に元ダンナは仕事を辞め、新しい

フリーペーパーを作っている会社に就職しました。これまた

弱小企業。んで営業。「これはどこかでまた辞めるパターン」

だな・・・とふと思ったのでした。