わりとなんでもどうでもいい

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

シソジュース

シソジュースを作って見ました。人生初。







この鮮やかな色、とっても好きな色です。

��隣にいるのはダフィーの女の子バージョン、シェリーメイ)

なぜいきなりシソジュースなのか・・・。

私のすんでいるこの地域は、シソの産地?かなにかで有名

だそうで、私の同期が毎年この時期に作ると言っていました。

赤シソがスーパーに一袋198円くらいで売られています。

この赤が煮出すことでお湯にうつるんですね。



でもそれだけでは単にどす黒い・・・。



酢かもしくはクエン酸を入れる事でこの鮮やかな色がでます。

あとはお好みの量でお砂糖を・・・。



シソジュース



↑作り方はこのあたりを参考に・・・適当で作れますよ♪





さて、このジュースを作った時のbooの反応・・・・。



「えっシソジュース???あの赤いやつ???」



なんだなんだこの驚き@@;



聞くと、前の職場で見かけがまるで○クザな上司に無理やり

飲まされ「boo君、君もこれで今夜はビンビンだなっ!!」

と言われたんだそうですwww



で、私が「booにビンビンになってもらいたい」から作ったんだと

勘違いしたらしくwww大勘違いだからねww



シソの効能にはすばらしいものがあるというのを聞いたので、

この時期にはいいかなと思って作ってみたんですけどねwww

ま、まぁ、みんな元気になるならそれでもいいかwww



「食中毒や食あたりなどを防ぐためと、防腐剤代わりでもあります。

栄養価も野菜の中ではトップクラスで非常に高く、抗酸化作用が

強いベータカロチン、カルシウム、カリウム等はホウレン草よりも豊富。

鉄分やその他ビタミン、ミネラルも豊富です。」

ここですよ、抗酸化作用。年々老いていく女性には聞き捨てならない

この言葉wこれさえきっちり抑えれば少しは老いが防げるかもww



そしてこの夏場に、食中毒予防になるというのは心強いです。



「シソは縄文時代から薬として使われていたようで、煎じて飲めば風邪

の初期症状が緩和されます。その他にも食欲を増し消化吸収を助け、

胃腸が健康に働くといわれているペリルアルデヒドが含まれており、

ペリルアルデヒドには制菌作用があります。

最近注目されているのは「ルテオリン」という栄養素で、抗アレルギー

や抗炎症効果があるとされています。

青シソよりも赤シソの方がこれらの効果が強いと言われています。」



抗炎症効果。そして抗アレルギー・・・もーすばらしいです。



これにお酢を加えると、酢の作用も加わり相乗効果がありますよね。

ただ、酢を混ぜるだけだとジュースって感じではなくなるって同期に

言われ、半々で混ぜてみました。(酢とクエン酸



色も綺麗だし美味しいし効果抜群だし・・・いう事なしです!!