わりとなんでもどうでもいい

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

タティングレース

前から一回やってみたいな!と思っていたタティングレース



いやそれは嘘やな。



最初に見た時、編み目の模様にちょっと気持ち悪さを感じたのです。

なんでか?なんでだろう。いつも編んでるあのかぎ針で出来る模様

とは全く違うし、その目(模様)が沢山寄り集まって一つの物が

出来てる事に違和感を覚えたんだろうと思います。



それから数年後、今ですけどwwシャトルという針の代わりになる

ものに興味が沸き(ソッチカイッ)、一回やってみたいなぁと思いました。

シャトルでどうやって編み目を作っていくのか、どういう物が出来る

のか全く未知の世界・・・。



手っ取り早くはじめるにはキットがいいですね。必要な物全てが

入っていて、バラで揃えるより安価だし・・・それ1度きりでもう

いやだー!となっても多分惜しくないwww

と思い、色々検索して「ちいさなてしごと」というキットを購入。

↓こんな可愛い~、いかにもやりたくなるパッケージw





シャトル、糸、とじ針がアンティーク調の小箱に入ってます。





こんな風にシャトルに糸を巻き巻きして使うみたいですね。

シャトルに必要分の糸を巻き巻き。今回のモチーフはとても

小さい物なのである程度巻いたらそれで足りますが、大きい物に

なると、多分どこかで糸を足さなきゃいけなくなる感じ。

このシャトルよりも巻いた糸がはみ出てはいけないのだそうです。



タティングレースは編む・・・というより芯となる糸に糸を結んで、

その結び目で模様を作っていく感じです。

まだまだ初心者なので難しい~ことは出来ません。一緒に

入っていた説明書みたいなのには、ブリッジを作るためにクリップ

まで必要なように書いてありました。



果たしてそこまでたどり着くのかどうか・・・果たしてやりたい!と

思えるかどうか・・・。



試行錯誤の末なんとか頑張った成果はこちら!!↓






タティングレースのモチーフがくっついたストラップを作る

キットでした!



最初はもちょっと手の込んでそうなモチーフを探したのですが、

あまりこれと言うものがなく、ま、最初だしこんなもんか?と

思って購入したら、もーまったくナメてた事に気がつきましたw



いや、読んで理解は出来るんですよ。編み目(結び目)も

最初から難なく出来てたんですよ。かぎ針、編み物暦長い

ですからね、その辺はこう、なんっていうか自負みたいなの物

があるわけです。



んでまぁ楽勝楽勝~とかって編み続けてたんだけど、最後の

つなぎで頭がこんがらがってしまい、さっぱり分からなく

なりました。動画を探してやっと理解できたものの・・・

あれを説明書に誰にも分かるように書くのは難しい・・・。

分からなくて当然だと思う。っちゅうか動画を用意しといて

この部分はそれを見てくれって方がいいと思う。平面だと

ほんっとに分かりづらい。



何度も何度も解いてはやり直し、最後のつなぎの所まで

いくものの糸が足りずに断念とか、どこかで絡まってて

二進も三進もいかなくなって断念とか・・・合計で3,4個

同じモチーフを作りかけました。シャトルの角が思いのほか

鋭利で、指突き刺した事数回。んでもって糸をぐいぐい

引っ張るからその摩擦で指が擦れて真っ赤になったり。

で、最後の1つでようやく形にもなったし理解も出来た!





なかなか綺麗だよねw

これが出来るまでの苦節、分かっていただけたでしょうかww



さぁ次、やるのか?私。

このモチーフでは多分タティングレースを語れないw

なのでもう少し複雑なのにも挑戦しようかなと思います。