わりとなんでもどうでもいい

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

ベイビーズ ~いのちのちから~

実を言うともうちょっと違う内容を期待していた私・・・



この前の水曜日、ベイビーズを見に行きました。

本当はお腹の中の神秘的なところなんかも期待してた

んだけど、全てはこの世に生れ落ちてからのお話でした。

それにしても・・・

とても興味深い考えさせられる映画でしたよ。



ベイビーズ ~いのちのちから~



一番の対比はナミビアのポニジャオと日本のマリかも。

ポニジャオが・・・ちょっと見には男の子か女の子かはわからない・・・

お兄ちゃんとおまたを覗いて見比べるシーンはあったけど・・・。



とにかくこの2人を取り巻く環境の違いやるや・・・。

ポニジャオの力強い命には本当に感心させられた。

ハエが飛び交っている所で食べる。土を食べる。草を食べる・・・





ポニジャオ



一方のマリはトイザラスの喧騒の中をママが引くベビーカー

に乗ってあっちこっち動き回る。ハエは出てこない。そのかわり

長毛種の猫が出てくるけど・・・



モンゴルの子バヤルもどっちかというとポニジャオに似た

環境。でも生まれるときは病院で生まれているし、トラックなどが

あり少し文明のにおいがする環境。

モンゴルのそれはそれは雄大な景色と赤ちゃんのコントラストが

もう・・・宇宙を感じさせるwww





バヤル



アメリカの子 ハティがなんとなく地に足の着いた生活をしている

ように感じる。一番無理のないような・・・

でも親がなんとなくオカルト趣味な匂いがするwww





さまざまな文化や環境で育つ子供たち。

それでも同じ1年の間に細胞は絶えず分裂し成長し続ける。

最終的にどの子も二本足で立つようになる。

そこまでの成長を淡々と追いかけたドキュメンタリー。

私にも子供がいる。2人とも特別な子供。環境は普通。

だけどどんな子供も驚くべき生命力を持ってこの世に

生れ落ちるんだなと感動せざるを得なかった。







はぁ・・・赤ちゃんってかわいいねぇ・・・