わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

KALIFAT カリフェイトは余りにも救いがなかった・・・

f:id:chebi:20200407183441j:plain


最近面白そうなドラマがあまりなくて(見過ぎ)、見尽くした感があって(正解)いろいろとイッチョかみしては自分の好みに合うドラマを探していました。その結果、AppleTV+とネットフリックスでまたもや一気見してしまったドラマが出ましたのでご紹介します。
1つ目はカリフェイト
2つ目はアンオーソドックス
3つ目はザ・モーニングショー

もしかしたら書く順番は変わってしまうかもしれないけど、この4本について書いていこうと思います。
私の好みに合うドラマ・・・と書いては見ましたが、2本がかなり寄ってましてww好みというよりは興味本位で見たという方が合っているように思います。
その1本がこのカリフェイトです。

題名にも書いた通り救いがなさすぎてお腹が痛くなるくらいの作品で、北欧がドラマとか映画を撮るとどうしてこうなってしまうんだろうっていうくらいダークです。
冒頭に載せたネットフリックスの画像からもお分かりのとおり、イスラム教と関連したドラマですね。どういう風に書いていこうか悩んだんですけど、どうしても、ネタバレしないと言いたいことが伝えられない気がするので、初のネタバレ記事ですすみません。

ネタバレになるので、これからみようと思ってたんだよー!とかちょっと興味あるから見るかもしれない・・っていう人はここでお引き取りくださいw
多分見ない、見るかもしれないけど別にいいという方はこの記事を見た後私を責めないでくださいwww

 中東というくくりだと誤解が生じるのかな・・・となるとイスラム教関連でも誤解が生じるかもしれないです。このドラマはイスラム教から派生した(?)ISISを中心に描かれています。

Wikiの説明なので話半分くらいで信じてもらってw ISISって多分イスラム国のことかな。

ja.wikipedia.org


女性を中心としたストーリーで、女性警察官、イスラム国に暮らす女性、スウェーデンの女子学生(3人)が出てきます。全体のストーリーを見る限り、女性警察官が自分の地位を取り戻すために奔走して空回りし悲劇を呼んでいるような感じで、痛々しいです。

警察官 ファティマ(エバ)

f:id:chebi:20200407183132j:plain

必死になって起ころうとしていたスウェーデン内の同時多発テロを事前にキャッチし、なんとか手柄を立てようと一人で走り回ります。良いタイミングでイスラム国に住む女性から、スウェーデンに逃してくれと連絡が入ります。このチャンスを生かさないわけにいかない!と躍起になって、逃す条件として情報を流すように要請します。

逃げたいこの女性ペルビンにはまだ数ヶ月の赤ちゃんラティファ(女の子)を授かったばかり。結婚してイスラム国に渡ったのはいいけど、自分や子供に降りかかるかもしれない危険に怯えて暮らしていました。自分の夫がテロに加担、そのうち自爆テロをさせられると知ってしまいなんとか逃げたいわけです。そのため、手に入れた携帯でスウェーデンと連絡を取り警察官のファティマと繋がるのです。

イスラム国で結婚したペルビン

f:id:chebi:20200407182644j:plain


一方スウェーデン内ではイスラム国の戦闘員イベがイスラム国に送る女性を物色、洗脳します。丁度フワフワした年頃のスレと友達のケリマ、スレの妹リシャが格好のターゲットとなってイベに洗脳されてしまいます。

スウェーデン内で活動するイスラム国戦闘員イベ

f:id:chebi:20200407191906j:plain


左:スレの妹リシャ 真ん中:スレ 右:ケリマ 

f:id:chebi:20200407192037j:plain

スレとリシャは典型的な4人家族という感じで、特に問題はないものの、親に反抗したい世代の子供達は、自分たちはイスラム教徒なはずなのに、どうしてモスクに行かないのか、どうしてヒジャブを着ないのかなどなど、親を批判します。

ケリマだけ事情が違っていて、彼女はアルコール中毒の父親と暮らしていますが、その父親の暴力に耐える日常が続いています。それを上手く助けるように見せるのがイベ。イベは彼女を匿いつつ洗脳しイスラム国ラッカに送り込もうと目論んでいるのです。

そんな彼女達は一緒にイスラム国の活動や詳細をyoutubeで入手、反抗したい年頃の彼女達にはどうもとても魅力的に見えてしまうらしく、どんどんイスラム国にのめり込んで行ってしまいます。

実はスレはリシャを引き込むつもりはなく、ラッカに行くのはスレとケリマだけと思っていたのですが、なんと、イベから同じように洗脳されていたリシャも直前で合流、ここでスレはものすごく動揺してしまうのです。妹を巻き込むつもりはなかったのに・・・という感じですね。やっぱりどこかお勧めできる状況ではないというのはわかっていたようです。

ペルビンに「国外に逃すよ」という餌をぶら下げ、内部情報を引き出すファティマ。結構えぐいですw自分を守るために必死すぎ。どんどん追い込んで行きますが、ペルビンには私しかいないから絶対言う事を聞くはずだと無理難題を押し付けます。
ファティマは得た情報を元に、スウェーデンで起きようとしているテロを止めようとするのだけど、大勘違いしてしまい台無しにしてしまいそうになります。結局警察に取り押さえられ、全て自分の空回りだったと知るのだけど、ペルビンを放っとくわけに行かず、自ら救出に乗り出します。

スレ、ケリマ、リシャはイベに洗脳されてラッカに連れて行かれるのだけど、国境直前で警察やスレとリシャの父親が3人を乗せた車を発見。スレとケリマを引き摺り下ろした、と思った瞬間、リシャを乗せたまま車は急発進してラッカに向かってしまいます。
両親は最愛の娘を連れ去られた悲しみ、スレは最愛の妹が自分のせいで洗脳され連れ去られたと言う後悔の念と悲しみで非常に苦しみます。

一方リシャはなんと、洗脳そのままでラッカに乗り込み、イスラム国で暮らしていくつもりでいました。リシャがラッカに入った情報を聞きつけたファティマが、ペルビンに救出を頼み、ファティマはリシャとペルビンを同時に救おうと思っていたのだけど、リシャが「私は帰らない!!」と意地でも残ってしまい、結局救出できたのはペルビン、ラティファ(娘)、自殺テロをするはずだった夫の3人でした。

が、しかし。この救出の際にリシャが他のイスラム国戦闘員に「この人たちは逃げようとしている!」とバラしてしまい、ペルビンは狙撃されてしまうのです。
なんとかファティマはこのペルビン一家を車に乗せて国外へ脱出したのですが、ペルビンは息たえてしまいました・・・。

スレは自分が洗脳されていた、騙されていた事に気がつき元の生活に戻ろうとするのですが、ケリマは自分を大切に思ってくれる親がおらず、洗脳状態のままイベに会いに行き、自殺テロをするよう仕向けられます。イベはいかにも一緒に自殺テロする風に説明するけど、実際自殺テロをするのはケリマのみ。それを知った時は既に遅し、爆弾がセットされたベスト(南京錠をかけて脱げないようになっている)を着てテロを行う場所に乗り込んでいたのでした。

ケリマはスレも同時に自殺テロを行うのだとイベに騙されていたので、直前にスレにメールを打ちます。スレは「騙されている!早くベストを脱いで!!」と言うのですが、南京錠がついていて脱げない状態・・・。ケリマはここでやっと事情を知り、周りの人に逃げるように声をかけます。ケリマ自身は脱げないと知って半分腹を括ったような状態でした。イベがリモート操作でケリマのベストを爆発させケリマは死んでしまいます。


と言うわけで、シーズン1は見終えてこのような状態。救えた命と失った命がもう同じくらいとかそんな感じで。
救いがなさすぎて辛かったです・・・。ペルビンが可哀想だしファティマは自己中すぎて酷すぎるし。この物語はこれで終わるのかなぁ。

以前ドバイに旅行に行った時に、間近でヒジャブ、ニカブ、ブルカを着ている人達を見て、余りの文化の違いに驚愕していたのですが、ペルビンがブルカを着ているのを見てああ・・・これだこれだ、めちゃ怖かったの・・・とw

f:id:chebi:20200407200354j:plain

ちょっと目元と色が違うんですけど、でも全身黒ずくめで目元だけ黒メッシュ。
ファティマが助けに行く時も同じような黒ずくめでしたね。

イスラム教徒の方々の衣装については置いておいて、とにかくこの救いのないドラマは内容がしんどすぎて、でも興味本位でついつい最後までペースを落とさずに見てしまいました・・・w自分と全く違う文化で暮らす女性たちのお話ですが、思うところ望むものは皆同じです。できれば皆救出されて丸く収まって欲しかったけど、そんな良い話にしてしまうと、余りにも嘘っぽくなってしまうのかなぁ??と思ったり。


あまり衝撃を求めすぎると夜眠れなくなっちゃいますね、程々にしておきますwww