わりとなんでもどうでもいい

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

past:開示

ブラインドタッチが出来るというのはコミュニケーションを取る上で

非常に有益です。私は仕事上身に付けていましたが、そういう人

はなかなかいません。しかしNさんはもしかすると私よりもスーパー

かも?と思うほど打つのが早いww

お互い日ごろのゲームやグループやメンバーに対して思っている

事をここぞとばかりにしゃべるしゃべるwww

もしここに第三者がいても、口が挟めないくらいほどのスピードで

流れる会話、まるで顔を合わせて話しているかのような感じでした。



まぁNさんは仕事中でしたけどねwww(念のため)



グループ内の事やゲームの事に限らず、日常の話しやお互いの

話しを徐々にではあるけど話して行きました。



ネット上というのはどこにウソや穴が隠されているか分かりません。

それは以前の記事でも書きましたが、ネット上の友達はネット上のみ

にしておかないと危険な事も多いのです。どの人が信用できるか

なんて文字だけでは分からない。

そうはっきりとは言わないけど、こちらが開示する情報はリアルの

個人情報に触れない、差しさわりのない事柄のみです。

かなり慎重に言葉を選んで話していたと思います。



Nさんは私を信用してくれているのか、素直に色んな事を話して

くれるので、きっと心の中では「ずるい!」と思う事もあったでしょうww

でもそんな事は表には出さず、いつも変わらず率直に話しを

してくれていました。

暫くそのような状態が続いた後、段々こちらとしても信用していいの

かも知れないと思うようになり、私は決心しました。



「よし!この人事情を話して、あの事を相談してみよう!!」








全く見知らぬ人、ネット上だけの存在で無い限り、相談しようとは

思わなかったと思います。事柄が事柄だけに、あまりにも口に

出すのは恥ずかしい話しだし、そんな人が自分のダンナであると

知られたくない気持ちもありました。

Nさんは人の嫌がるような事をするような人ではなかったし、

人の噂話をベラベラふれ回るような人でもないと思ったので

聞いて見る事にしました。



今思えばとても自分勝手ですねwwwその人が聞きたい話しか

どうかも分からないのに・・・勝手に白羽の矢を立てましたwww



Nさんに私の素性や、事情を全部話して、今の現状を説明しました。

そしてアノ件に話題が及びました。

一番私が確認したいのは「そういう性癖があるのかどうか」という事。

盗撮はその少し前にTVでも有名になった人が捕まってたりして、

あるのは知っていましたが、さすがに変な物の収集癖については

全く聞いた事がなかったので、果たしてそういう事があるのかどうか

聞いて見たかったのです。



そして、私が見つけたもの、その時の状況を詳しく話したのでした。