読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

ビリヤード

趣味の一つにビリヤードがあります。(多趣味)

カナダに2年ほどいた時、最初はキューの持ち方、
構え方から全く知らず、キューって何?状態から
始まりましたww

学校の先生や同級生達に少しずつ教わりながら
(もちろん英語で)なんとかペアでプレイできるように
なって行きました。

通常あちらのバーには広さにもよるけど1,2台の
ビリヤード台があり、1ゲームおそらく25セントくらい
で遊べたと思います。(払った事がないwww)
他にダーツもありましたけど、ダーツよりはビリヤード
って感じでした。
そしてビリヤードとは言わずプールと呼んでいます。
最初「ちぇび、プールやろうぜ!」と言われた時は
「やだよ、水着もってないし」と真顔で返した私ですww


(↑エイトボールはソリッズとストライプスを交互に並べます。
8番は真ん中。上の写真の9と12、4と5はおかしい。)

プールには色んなルールのゲームがあり、カナダに
いた頃はエイトボールを毎晩のようにやっていました。
ナインボールが主流なんじゃないの?って
思いますよね。9番のボールを先に沈めた方が勝ち
というルール。
このゲーム、うまい人だと一瞬で終わってしまうんです。
だってブレイクして手玉と9番が絶妙な位置にいたら・・・

バーにおいてあるプール台は1ゲームでいくら。
大体遊ぶのは友達同士ペア。その時に勝っている
ペアに勝負を申し込んで、挑戦者がゲーム代を
支払います。となると、ゲームは長く楽しめた方が
節約できます。だからエイトボールが主流だったのだと
思います。

さて、プールですけど、ビギナーズラックもあり、
全くやった事もなかった私がめきめき頭角を現し、
バーにいる男性人がペアを組みたいと名指ししてきた
ほどになりました。
まぁビギナーズラックだよ~なんて最初は笑って
いましたが、プールをやり始めて半年過ぎる頃となると
もうビギナーとはいえない状態。そろそろ魔法も切れる
かな?と思っていましたが、意外と私には向いていた
ようで、その後もめきめき上達していきました。
色んなゲームのテクニックはよくわかりませんが、
とにかく私は正確に手玉を的玉に当てる事ができます。
さらには的玉を正確にポケットに運ぶ事ができます。
こんな特技のお陰で私はバーでは「組めば勝てる」
存在になりました。


(↑キューの選び方。台の上でころころ~と転がして、
キューの先端がぐあんぐあんとぶれるような転がり方
をするキューは曲がっているキュー。よくないキューです。
転がしても先端がスムースに転がるキューを選びましょう。)

だからと言って何がどうなったとか全くありませんww

でも日本に帰ってきてからも楽しさが忘れられず、
たまにプレイします。旦那さんともプレイした事があります。
男性はビギナーでもパワーがあるのですぐに上達
しますよね。旦那さんもそう。全くのビギナーでは
ないけど、あまりやった事がない様子。
ええ、もちろん、私が毎度勝ちますけどwwwでも
何事も器用にやりこなす旦那さんなので、いつもヒヤヒヤ
しながらプレイして、最後には私が勝つというwww

今度は息子とも一緒にプレイしたいな。そしてとっても
上手いプールプレイヤーになって欲しいなと思うのでした。