わりとなんでもどうでもいい

わりとなんでもどうでもいい

自分と家族の記憶のために記録中@ちぇび

Movie:映画ドリーム Dream 観てきたよー!

f:id:chebi:20171014090843p:plain

物凄く久しぶりに映画に行ってきました!!!・・・と思ったらそう言えば先日子供と一緒にミニオンを観たのだった(;´Д`)ミニオン?あのミニオンが可愛いっていうのとアニメなのに動作の表現が素晴らしいなぁという感想でしたw

f:id:chebi:20171014091434j:plain

ミニオン、可愛かったですよ、ほんとに。ひょんな事から公開オーディションで歌ってしまう場面とかでてきますけど、歌も素晴らしいし可愛らしさも満点で良かった!というお話www

ドリームに話を戻して・・・実話を元にした映画という事で、この手の映画には真実味が物凄くあるので少々駄作であっても楽しめるっていう点ではある意味プラス要素ありますよねwいや、批判しているのではなくwフィクションとかおとぎ話が苦手な私としては、こういう映画の方が安心して楽しめる感じがするのです。本もねーー、読まないことはないんですけど、フィクションだとなんか「これって全部作り話・・・」と思うと冷めてきて読めなくなっちゃうんですよwだからルポとかノンフィクションを好んで読みますww

アポロ打ち上げは実際にあった話で、もちろんアポロ打ち上げに関わった周りの人達は本当に沢山いると思うんですよね。アポロを題材にした映画は他にもあったし(あっちも観たけどあんまり記憶にはない)題材にするにはとても良いんだろうなぁと思いました。でも今回の主役はこのアポロ計画を支えた周りのスタッフの人達で、しかも当時人種差別の激しかった中で頑張った黒人それも女性達、という超マイノリティなのです。

お話?面白かったですよwなんていうのかなぁ、シンデレラストーリーのような要素を持つお話ってなんでもスカッとするし楽しめますよね!こういうサクセスストーリー、シンデレラストーリーは大好きですw暗い話題とか嫌な話とかマイナス要素が自分の周りを取り囲んでいる時は特に、こういう物で少し中和出来る気がしますね!

 

f:id:chebi:20171014094051j:plain

主役は女性3人なのですが、中でもこのタラジさんには思い入れがあります。

 

タラジ・P・ヘンソン演じるキャサリンは子供の頃から飛び級するような抜群の頭脳の持ち主。あの頃のアメリカで飛び級が出来てそれがキャリアとして活かせるなんて、本当に本物のキレ者だったんだろうなぁと思います。だって、劇中でも出てきますが、人種差別が半端ない・・・物凄く分かりやすい目に見える差別。今じゃ考えられないですが当時あの中で生き抜いてきた人達の事を思うと、物凄く意志が強くちょっとのことではへこたれない根性のある人達なんだなぁって思います。

f:id:chebi:20171014094949j:plain

ねぇねぇいつも疑問なんだけど数式とかアルゴリズムってこんなに色々と行数が嵩むものなの??www

↑ のちに優れた数学者となったキャサリンが、NASAにいる、そりゃもちろんNASAの中でもTOPクラスの頭脳を持つチームの中で、みみちい人種差別を受けつつ、並外れた頭脳を披露してチーム中を黙らせてしまうこのシーンは、本当に観ていてスカッとしますね!

タラジさんなんですが、実はこの方、私が好んでみているドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」の最初から出てくる女性警官さんなんですよ。

f:id:chebi:20171014100217j:plain

↑ほらほら。カーター刑事役でタラジさん出ています。
私はこのドラマでタラジさんを認識したんですが、その他にドラマだとERとか映画だとベンジャミン・バトンだとか結構な有名どころの映画に出演されていて、ERもベンジャミン・バトンも観てんだけど記憶にないwwwパーソン・オブ・インタレストの頃は既に有名女優さんだったんですねぇ。 

この映画には他に有名な俳優さんが出ておられますよっ!

f:id:chebi:20171014100852j:plain

タラジさんにチョークを渡しているこの男性・・・そう!ケビン・コスナーですねー!ひっさしぶりに見ましたw老けましたなぁ・・・シミジミ。でもこういう堅苦しそうなお役所の役人みたいな役、合ってますよね!

彼が演じている役は、一見厳しそうで堅物に見えますが、欲しているのは本当の答えを見いだせる才能、頭脳。それがあるなら相手が女性だろうが黒人だろうが関係ないというチームのリーダー。もちろん、ちょっと躊躇している感じはありましたが、それでもチームの中で一番最初に差別を撤廃し彼女の才能を認めたリーダーっていうのはリーダーとしてふさわしい人物だと思いますね!だって彼女以外答えを見いだせる人がチームにいないんだもの・・・(;´Д`)

他にも!

f:id:chebi:20171014103226j:plain

f:id:chebi:20171014104037j:plain

この金髪女性です。誰かお分かりになりますか??かのキルステン・ダンストでございますよw美しい金髪はそのまま・・・だけどちょっとやっぱり老けちゃったかな??という感じwこの堅苦しそうな出で立ちが更に増長してますよねw
白人至上主義を毛穴という毛穴から吹き出している、でも口では「差別していない」というこの役柄、キルステンだからこそ出来たのかなと思いますよw

物語後半で立場が逆転するのだけど、それでもやっぱり「(白人なのに)負けちゃった」感を醸し出している人物、こういう差別主義って子供の頃はないはずで、親から刷り込まれるに決まってるんだけど、家族まるごとこうなんだろうなって見えないところまで想像出来ちゃいますねw

↑黒人女性数学者ドロシー・ヴォーンを演じるオクタヴィア・スペンサーが、彼女の言葉にキツいツッコミを入れるところも良かったですwキルステンが言った「差別していない」という言葉に対し「そう思い込んでるだけでしょ」っていうツッコミは、なかなか言えませんよwwずーっと差別的な態度をされていて、立場が逆転しそうになった時にそんな事言われて、この人どうするんだろう・・・って思った時の強烈な一言wwwさすが、負けてないわーって思いましたww

 

そうだなー映画の総評としては☆3.5でしょうか、私としては結構いい得点なんですこれでもww上でも書いたけどサクセスストーリー(既にサクセスしているけど)、シンデレラストーリーは好きなのでwwま、そういう好みから☆はちょっと高めかなw同じようにこういうストーリーが好きな人(嫌いな人って少ないと思うけど・・・)にはとってもオススメですよ!!

 

そして次に狙うはアトミックブロンド・・・年末にはスター・ウォーズ・・・あぁ忙しいわwwww